スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

それでもバックする時にハンドルを切る方向を間違えてしまうアナタへ

 2011-12-01
最近のアクセス解析で毎日のように検索されているのが、バックする時にハンドルを切るのを迷うということです。
実際の教習のシーンでも「思い通りに曲がれない」という悩みを持った人も結構多いです。
では、何でバックするときだけハンドルを迷ってしまうのかを説明します。

誰でも(特に大人なら)左右が分ってます。日常生活でも「こちらが右」って全く意識しなくても右に曲がったり、左に曲がったり自由自在です。多分、左右を意識する意識したほうが間違えやすいと思います。

それは運転するときも同じですが、ほとんどの人は前進する時に右左を無意識に判断してハンドルを回していますが、人間は前方向に行動することが多いからです。

ですが、車をバックさせるとなると「あれれ……」ということになってしまいます。

前向きでバック

間違える原因は上で書いたことと同じですが、間違える人の共通点は前を向いてハンドルを切るというところです。

前を向いてバックすると、例えば左バックしようと左にハンドルを回した時、車は左周りしてるのに運転している人は右に向いていくような意識になります。

左にハンドルを回しているのに自分は右を向く

つまり、「バックは行きたい方向と反対にハンドルを回すといい」というのを体が覚えてしまって、左バックしたいのに右にハンドルを切ってしまうことになります。

では、どうすれば間違えなくなるのか?

早い話、「ハンドルを回す向きと車が動く向きが一致するように」すればいいのです。


後ろ向きでバック


ただ、前進する時「右、左」と考えても問題ないのですが、バックする時はバックしたい逆にハンドルを切ってしまう可能性がありますので、

運転席(前方に向いた状態)から見て右は「運転席側」、左は「助手席側」という風に考えます。「右に動かす」、「左に動かす」という意識ではなくではなく、ただ「こっちに向けたい」「そこに止めたい」という気持ちだけです。(前進したい時もボンネットを向ける方向になるので、全く同じ考え方です)

そして、上の図の場合トランクを「助手席側」に動かすと考えて左にハンドルを回しながらバックします。


この場合も前方を見ながらバックすると、逆にハンドルを回しているような錯覚になる場合がありますので必ず後ろを見ながらバックします。


ポイントは……

  1.バックする時は必ず後ろを向いてバックする。
  
  2.例えば左にバックする場合、トランクを助手席側に向けると考える。



バックしている時に進路を修正する場合は、ハンドルを回してから向きが変わるまでに少し時間がかかりますので、早めに修正する方がふらつきにくいです。

平成23年12月2日修正

では、頑張って p(^^)q
関連記事
スポンサーサイト
コメント
後ろを向く時、どの辺を見れば いいかわかりません。

左バック→左後ろを見るですよね?

左バック→右後ろではないですよね?

【2012/07/12 18:46】 | #- | [edit]
> 後ろを向く時、どの辺を見れば いいかわかりません。
>
> 左バック→左後ろを見るですよね?
>
> 左バック→右後ろではないですよね?

もちろん左バックでも車の動きで、当ったり、脱輪したりしそうな方を見ることになります。
後ろだけでなくて、前が当たりそうじゃないか確認する場合は前も注意しながらバックする場合もあります。

返信が遅くなってすみません
【2012/10/11 21:35】 | さくちゃん #- | [edit]
それと、もう一つ。

ハンドルの向きがわからなくなります。

後ろみたり 前みたり、ミラー見たりしていると、ハンドルが今どっちを向いているか???になります。

左に全部切るとハンドルは動かなくなる←これを真っ直ぐにするには、2回右に←これで真っ直ぐ。←これから右に1回まわしてとやると あれ?あれ?になります。

ハンドルを見ると、真っ直ぐにはなっているんだけど、右に1回まわしたまま、駐車してる。←それで車を出す時に気付く。

↑お願いします!(T_T)
【2012/10/24 01:36】 | #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://saku711.blog63.fc2.com/tb.php/99-8c88717a
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。