スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

クランクの通り方 ライン取りについて

 2011-11-29
今回はクランクコースでのライン取りを説明します。

クランクコースは前の方に障害物(ポール)が立っているために奥のほうに入りすぎてしまいやすいので、クランクコースに入ったらまず止るくらいのスピードにします。

入り口での減速チェンジをするかしないかは自由ですが、減速チェンジをする余裕がない場合は入り口でクラッチを踏んで止まった時に1速ギアに変えておくと通りやすいと思います。

クランクのライン取り

上の図はクランクのライン取りのイメージ図ですが、理想は前のポールから遠いところを通ることです。回しはじめのタイミングは「そろそろ前輪が角を通ったかな?」という場所から前に出ながら車の向きに気をつけて段々と回します。(ハンドルを一気に回すと内輪差で後輪が落ちますので、前に出るほどに多く回すようにします)

無事に曲がり角が通れたら、出来るだけ速度を下げてハンドルを戻します。(ハンドルを戻す時は、完全に止るよりも少し動いている方が分かりやすいです)


真っ直ぐにハンドルを戻したか掴めない場合は、ハンドルを回す時に持ち帰る回数を数えておいて、戻す時に同じ回数を戻してみると大体元通りに真っ直ぐに出来ます。

では、ガンバって下さいねp(^^)q
関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://saku711.blog63.fc2.com/tb.php/97-ebaf5344
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。