スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

発着点への上手な寄せ方

 2011-11-24
今回は上手な発着点への止め方です。発着点の止め方は、右左折するときに道路の中央や左端に寄せる時や、道路での路側帯や歩道に寄せるときに応用できますので、ぜひ一段階の時にマスターして下さいね^^


正直言って、一番最初に発着点止める時は車の左の感覚が分からないのでかなり怖いと思います。ですから、車両感覚を磨くために一段階の早い時限から発着点の練習をし始めます。


上手に発着点止めるときの、

1つ目のコツは、ブレーキーなどでスピードを出来るだけ止まってしまう位のスピードにします

最初は減速チェンジは余裕がある人だけがしたらいいと思います。スピードがユックリになって来たらクラッチを踏み込むとエンストしません。止まってしまったらその時、1速ギアに変えて発進しなおすといいです。(指導員が説明する時、勢いが付いたまま発着点止める時がありますけど、相手はプロですから……


2つ目のコツは、発着点に寄せるときの角度です。

発着点1

これは失敗しやすい進入角度です。どこがダメか分かりますか?


白い丸の場所が停止目標です。上の図では寄せ始めてから車が真っ直ぐになるまでに距離が短すぎます。

車はハンドルを切ってから真っ直ぐになるまでに少し時間がかかります。ですから、上の図の真ん中の場所で左のタイヤが縁石に接触してしまいやすいです。恐らく最初は車の左側が怖くてここまでは寄せられません。


そこで、

発着点2


この図のように、停止目標よりも少し距離を取って寄せ始めると車の角度が緩くて自分の車の向きも分かりやすいので比較的左に寄せやすいです。


また、自分の車が真っ直ぐになっているかサイドミラーで確認しながら走っているところをよく見ますが、車の進行方向から目を離してしまうと車が斜めに走りやすいです。(バックミラーは中央が凹んだ形になっているので、これだけで車を真っ直ぐにするのは難しいと思います

もう一つ、寄せ過ぎにも注意してください。修了検定中は縁石から30センチメートル以上離れていなかったら減点されません。


p(^^)q では、ガンバってくださいね!
関連記事
スポンサーサイト
タグ : 発着点 止める コツ
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://saku711.blog63.fc2.com/tb.php/83-a52a5744
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。