FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

道路標示も覚えていますか?

 2011-11-17
今回はこの道路です。

立入禁止部分

名前、覚えてますか?



そうです!!「立入禁止部分」で、誰もこの部分に入ることはできません。


この道路標示の勘違いしやすい問題、いわゆる「ひっかけ問題」もあります。


「立入禁止部分」の道路標示のある部分にやむを得ず駐車する場合、警察署長の許可を受ければ駐車することが出来る。


のような問題がよく見かけます。



この問題、「○」だと思いますか?


正解は×です。


交通ルールには基本的な禁止事項の他に例外というものがありますが、例外があるものはだいたい「通行方法」を示すルールで(例えば、進路変更禁止の車両通行帯を通行中、緊急自動車が接近してきた時は緊急自動車に進路を譲るために進路を変更することができるような)それをさせないと緊急自動車の目的が果たせないような場合に例外が決めてあります。


ほとんどの規制標識や規制標示が示す意味には例外はありません。

道路標識や道路標示に例外が適用されるのは

  1. 「道路の左側だけでは通行できない」
  2. 「緊急自動車に進路を譲るため」
  3. 「通らないと道路に出入りできない」
  4. 「進路変更しないと右左折ができない」

という理由の時だけで、運転者の都合では例外は適用されません

上の道路標示はいかなる理由でも絶対立ち入って走行することや停止ことができません。導流帯や中央分離帯の代わりに「立入禁止部分」を設けてあることが多いようですので、接触事故の防止もあるんだと思います。


p(^^)q

上記の道路標示は、「道路標識と道路標示の画像一覧素材集!」よりお借りしています。
関連記事
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://saku711.blog63.fc2.com/tb.php/72-34fa8e82
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。