スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

フロントガラスの頑固な油膜の取り方

 2013-05-29
近畿、東海までついに梅雨に入りましたね

一か月ぐらいうっとうしい時期が続きます

そういえば、2,3日前にフロントガラスの油膜を取りました。

濡れタオルで拭いてみるとこんな感じに……↓↓↓



油なんで水分をはじいて……

と思っていると、実はガラスには油分は大敵なんです。

油があるところを水分をはじいて、油がないところに水分が溜まってしまうのでちょうどダムのようになって水はけが悪くなってしまいます。雨の日の夜に特にギラギラして見えにくいです。

なんで油分が……?

ですけど、空気中に漂ってる排気ガスなどに含まれたの油分だそうです。

運転しにくいので、水はじきが悪くなってきたら油膜取りをした方がいいですよ。


油膜取りの仕方はホームセンターなどで油膜取り用のリムーバーを買ってきてください。

スプレーのように簡単にできるものから、油膜取り専用の商品はいろんな種類がありますが、頑固なものは油膜取り専用のペースト状のものがよく取れます。

手順は、

 1.洗車する。時間がないときはフロントガラスだけでも大丈夫。
 2.少し水をつけたスポンジに、油膜取りを適量つけます。
 3.油膜取りをつけたスポンジでフロントガラスを拭きはじめます。
 4.最初は油膜取り剤をはじきますが、はじかなくなるまで何回も同じ場所を油膜取りをつけながら拭きます。
 5.油膜リがうまくいくと段々、フロントガラスが真っ白になってきますがムラなくなっていたら油膜はとれています。
 6.念のため油膜取りがついた部分を濡れたタオルでふき取って、水分がガラスに残らなければOKです。

油膜取りは少し手間がかかるので、処理する場所の面積を出来るだけ狭くしたり、特に油膜が酷いところを中心に少しずつ攻めていくほうがいいと思います。(頑固な油膜は少し力がいるので、女性の方は、男性に頼むようにした方がいいかもしれません)


頑張るとこんな感じでフロントガラスには水分が残りません。(分かりにくいですけど濡れタオルで拭いてます)

IMG_0018.jpg


これは私が使った商品と同じ商品です。
値段の割に結構いい仕事をしてくれます。
どんな油膜取りがいいかお探しのアナタにおすすめします。

関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://saku711.blog63.fc2.com/tb.php/187-3548c75c
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。