スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

点数制度 その2 初心者の点数制度

 2012-02-14
原動機付自転車、自動二輪車、普通自動車はそれぞれ免許取得後1年間を初心運転者期間といいます。

これは、免許をとってから1年間の間の運転を観察にすることによって、運転するための技能とルールの理解度を観察して運転に向いていないドライバーを排除する仕組みです。

精度の対象になるのは、例えば自動二輪車の免許を持っていて、新しく普通免許を取った場合には普通自動車を運転している時軽微(1点や2点)な違反を繰り返して3点以上になったものを対象にします。

点数の計算の仕方は、通常の期間の点数と初心運転者の期間制度の点数を同時に計算していて、軽微な違反の場合に初心運転者点数を加算するものです。

ですから、1回目に軽微な違反を繰り返して3点になった場合に初心運転者講習を受けることになりますが、受講後また初心運転者期間の点数は0点に戻されます。が、通常の点数制度の点数はその違反点数が合計として残っていて、点数によって免許の停止や取り消しが行われるような仕組みになっています。

また、2回目に軽微な違反3点以上になった場合は、免許を取ってから1年経った後に公安委員会から呼び出しがあり再試験となります。

なお、初心運転者講習を受講しないか、再試験に合格出来なかった場合は免許の対象の免許の取消となります。欠格期間(免許を取れない期間)はありません。

関連記事
スポンサーサイト
タグ : 初心運転者期間
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://saku711.blog63.fc2.com/tb.php/127-cfd5dbe3
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。