スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

前進で車庫入れやするときの注意

 2011-12-07
最近、駐車場でよく目にするのは6人乗り以上の背が高いワゴン車が増えてきました。

それも、前進で前向きに止まってる!

「バックは怖いから……」

ということが理由だそうですが、バックで入るときのリスクと、バックで出るときのリスクではバックで出るときのほうがはるかに高いんです。バックをする時の怖さと、車や歩行者がよく見えないのにバックしなければいけないと言う怖さですから。

それにバックで入るほうが楽に入れる場合もあります。

例えばこんな場合です。

前進で車庫入れ 狭い時

駐車場の通路が狭すぎる時に、前進で入ろうとすると内輪差の関係で真っ直ぐにしきれない場合があります。


駐車場の通路が狭い時はこの様にする方が、短い時間で入りやすいです。

バックで車庫入れ 振り

やり方は

  1.止めたい場所にできるだけ寄せて止める。

  2.運転席が隣の車の辺りに来たら、ハンドルを切って(上の図の場合は左に)前進

  3.後ろのタイヤが入りたいスペースに寄ったら、止まってハンドルを逆に切る。

という感じです。左にバックしたい時はバックミラーを見るとよく見えます。


前進で入りやすい時もあります。

前進で車庫入れ 広い時

駐車場の通路が広い時や駐車している車が止まっていないような時、入るスペースに奥行きがある場合は前進しても上手に入りやすいです。

最後に、前進で狭い駐車スペースに入るのは左に寄り過ぎた車が左折する時に、内輪差の関係で曲がりにくいのと同じです。もし、「絶対に前進で車庫入れ」と言われる方はなるべく入りたい駐車スペースから遠い場所(普通自動車の教習車くらいの車でしたら約1メートル以上が理想です)からハンドルを切ってみてください。
関連記事
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://saku711.blog63.fc2.com/tb.php/109-b4c4a198
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。