FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

座席の合わせ方知ってます?

 2011-12-06
「何してるの?」

座席合わせてるんです」

「なんで、そんなに近いの?」

クラッチを床まで踏まないと行けないから……」

これは、教習の始まりによくある会話です。

よく発進が遅くなる人やカックンブレーキになってしまう人のの座席合わせの特徴は、

座席合わせ(近い)

こんな風に座席が近すぎる人がとても多いような気がします。

座席が近すぎると、足元が折れ曲がった形になっているので、すぐにクラッチブレーキが踏み込めてしまいますが、クラッチの戻りが悪すぎるため半クラッチにしにくく、発進が遅れてしまいやすい傾向があります。

ブレーキに関しては、座席が近すぎるとペダルを一気に踏み込むことになるので、ブレーキやカックンブレーキ(一気にブレーキを踏んでショックが大きいブレーキ操作)になりやすいです。

また、足元の操作もそうですが必要以上に座席が近付き過ぎると視野が狭くなって、近くを見て走ることになるので、その結果ふらつきやすくなります。

逆に次のように座席が遠すぎると、

座席合わせ(遠い)

近すぎるときに比べてクラッチの離れはいいのですが、離れが良すぎてエンストや急発進が多くなります。ブレーキ操作は強いブレーキがかかることは少ないですが、遠すぎることでブレーキの踏み込みが遅れてしまいやすくなります。

また、座席が近すぎると、上半身がハンドルを回す度に前後に揺れるので右折や左折の後でふらついたり、ハンドルが遅れたりすることが多くなります


理想的な座席の合わせ方は、深く腰掛けて、

  1.足の裏の指で付け根(つま先でジャンプする時に使う部分)でクラッチペダルを踏んだ時、膝が伸び切らないように合わせる。

  2.背もたれは、頭から肩くらいまでが背もたれにつかないように少し倒す。

  3.ハンドルを持った時に肘が軽く曲がるように座席を前後に微調整する。

4.アクセルペダルは床にかかとを付けて、かかとが支点になるように合わせる。

  5.ブレーキとクラッチは床にかかとを付けずに、膝で床まで踏み込めるように合わせる。

です。


ブレーキの効きが遅い方や強すぎる方、エンストや急発進がが多い方は座席の合わせ方も変えてみると一気に解消する事もあります。



p(^^)q
関連記事
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://saku711.blog63.fc2.com/tb.php/107-e8463bdc
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。